プロジェクト概要

Project Overview

第2段階 | CO2分離・回収型酸素吹IGCC実証

CO2分離回収設備の概要

脱硫後の石炭ガス化ガスの一部を分岐して、付設したCO2分離回収設備へ送ります。シフト反応器にて石炭ガス化ガス中の一酸化炭素(CO)を、触媒を用いて蒸気(H2O)と反応させ、二酸化炭素(CO2)と水素(H2)に変換し、CO2吸収塔で CO2のみを分離・回収します。分離・回収後の石炭ガス化ガスは水素(H2)濃度が高い水素リッチ燃料となり、ガスタービンへ送られます。

実証試験設備/概略フロー

実証試験設備/概略フロー

低温作動型サワーシフト触媒実証

シフト反応における蒸気添加量を低減し、より高効率に分離・回収するため、脱硫前の石炭ガス化ガスを低温でシフト反応させる「サワーシフト触媒」の実証試験を行い、長時間運転による触媒の長期信頼性などを検証します。

実証試験設備概要(CO2分離回収設備)

実証規模 石炭ガス化ガスからのCO2回収率15%相当
CO2吸収再生方式 物理吸収方式
COシフト方式 スイートシフト(脱硫後ガス抜き出し)

実証試験スケジュール

実証試験スケジュール

実証試験目標

項目 目標
基本性能(発電効率) 新設商用機(1,500℃級IGCC)において、CO2を90%回収しつつ、発電効率40%(送電端、HHV)程度の見通しを得る。
基本性能(回収効率・純度) CO2分離・回収装置におけるCO2回収効率※1:90%以上、回収CO2純度:99%以上
プラント運用性・信頼性 CO2分離・回収型IGCCシステムの運用手法を確立し、信頼性について検証する。
経済性 商用機におけるCO2分離回収の費用原単位について技術ロードマップ※2に示された費用原単位をベンチマークとして評価する。

※1.CO2回収効率〔分離回収装置単体のCO2回収割合〕:(分離回収されたCO2ガスのC量/CO2分離回収装置導入ガスのC量) × 100
※2.次世代火力発電の早期実現に向けた協議会(2015年6月に経済産業省が設置)にて策定された次世代火力発電に係る技術ロードマップ

PAGE TOP